クリロン化成

用語集「な」

ナイロン(NY/PA)

強度、耐油性、耐寒性、耐熱性、ガスバリア性に優れる機能性樹脂。防湿性、ヒートシール性は劣ります。正式名はポリアミド(PA)

ナイロンポリとは

プラスチック樹脂で作られるフィルムのうち、ナイロン(NY)層とポリエチレン(PE)層で構成されているフィルムのことです。ナイロン層があることにより、ガスバリア性・耐衝撃性などが優れます。内層のポリエチレンは、インパルスシーラーなどで加熱することでポリエチレンが同士が融着し、袋を密閉することが出来ます。ポリエチレンにはバリア性はほとんどありません。ナイロンポリは冷凍やボイルが可能であり、真空包装に適しています。広く汎用的な分野で使用されています。

熱処理

一般の微生物の増殖は15~38℃、好熱菌でも82℃~93℃です。その為、食品を100℃で加熱すれば、微生物の大半を死滅させることが出来ます。100℃までの加熱殺菌を「ボイル」といいます。しかし、一部の胞子などは100℃30分でも死滅しないため、加熱の温度を上げることなどにより、殺菌効果を高める方法がとられます。「レトルト」はレトルト釜と呼ばれる圧力釜の中で加圧し、100℃を超える温度で殺菌を行うことです。レトルト殺菌した商品は無菌状態に出来るので常温流通が可能となります。