クリロン化成

袋のかたちいろいろ

 

チューブ袋

サイド部分にシールがされていない筒状の袋です。クリロン規格袋では「しん重もん」「シグマチューブ」が該当します。

三方袋

サイド部分、底部分の3カ所にシールがされている袋です。クリロン規格袋では「彊美人」「ハイバリア彊美人」が該当します。

三角袋(ホームベース型)

袋の先が三角にシールされたホームベース型の袋です。ホイップ、ネギトロなどの絞り袋として使われます。クリロン規格袋では「くりろん絞り」が該当します。

三角袋(台形型)

袋の先が斜めにシールされた台形型の袋です。クリロン規格袋には該当品はなく、別注での製造になります。

ガゼット袋

ケーキやパンなど箱型のものを袋に入れる場合、チューブ袋や三方袋といった平袋の形状では非常に入れにくいです。そこで袋にマチを付けて入れやすくしたのがガゼット袋です。袋の両端を内側に折り込んで製袋することにより開口時に底面ができ、箱型のものの出し入れをしやすくしたわけです。

背貼り袋(センターシール袋/合掌袋)

1枚のフィルムを背中と底で貼り合せた袋です。背貼り部分のフィルムの重なりが、人が合掌している様になっていることから合掌袋とも呼ばれています。

チャック袋

袋の口に凹凸のチャックが付き、開閉が自由にできる袋です。製袋工程で口部にチャックテープを溶着して袋を作ります。再封性が可能なため、様々な食品に使われています。

シュリンクフィルム

延伸フィルムの熱による収縮性能を応用した包装方法です。内容物を傷や汚れから保護し、バラバラのものをまとめて包装することができます。