クリロン化成

表印刷について

クリロン化成の共押出し製品は表印刷のみ可能です。フィルムがチューブ状になっている為です。また、ラミネート品は表裏印刷が可能です。フィルムに印刷後袋状に加工するためです。

製法の違いによる印刷位置

注意

  • 全面印刷と呼ばれる印刷は不可です。
  • インクの種類は一般的なインク(ノンボイル)とボイル対応インクの2種類あります。
  • 写真印刷などの細かいデザインの再現は出来ません。
  • アルコール耐性については注意が必要です。